資金繰り表作成方法

将来のお金の予測、計画のために

長期予測に便利な資金繰り表

会社などで、黒字倒産を避けるためには、うちうちでこの資金繰り表をつくり、長期的視野にたって、現金や資金のやりとりを予測、計画する必要があります。たとえば、売掛金の入金が3ヶ月先になるようであれば、帳簿上の記録は資産が負債を上回っているとしても、現実問題、銀行にはその売上は入金されておらず、その間の支払はすべていまある資金でやりくりしなければいけません。仕入にかかった支払の手形が落ちなければ、すぐに不渡り、信用問題に発展してしまいます。もちろん資金管理はどんな会社でもしっかり行っているでしょうが、将来の予測となると、現状維持で曖昧な形で理解しているだけ、という会社が多いのではないでしょうか。そんなことを避けるためにも、やはり資金繰り表は会社、企業にとってはなくてはならないものなのです。

1ヶ月、3ヶ月、半年の資金繰り

長期の見通し、マネープランを考えるためにはぴったりなのが資金繰り表です。ある程度お金の出入りは予想できる部分があります。毎月かならずかかる固定費や、四半期で起こる支払、またはお得意さんからの入金や家賃収入など、あらかじめ予期できる取引は案外多いです。それを予定の形で資金繰り表に入れておけば、いま現在の段階でも、1ヶ月、3ヶ月、半年先のお金の状況までわかります。半年先に事業を拡張しようとしたり、店舗を新規で契約しようと考えている場合は、そのときのお金の状況によって、どれくらいの資金の借り入れ、融資が必要なのかも判断できることでしょう。作り方は簡単なので、おおまかなお金の流れだけ、やりとりだけでも入力しておきましょう。

経営計画を練るのにもぴったり!

漠然としたかたちではなく、まずは具体的な事業計画がある場合は、まずはその資金を用意することが大前提です。いつまでにこの工場や店舗を建てる、金利の高い債務を完済し、支払を減らして現金を増やすなどの計画があり、いままでの実績があれば、より低い利率での銀行からの借り入れや融資などを検討できます。まずは資金ありきですから、将来の経営計画を具体的に立てるためには、まずは資金繰り表ありきなのです。