資金繰り表作成方法

資金繰り表、作成する意味と効果とは?

資金繰り表の重要性

資金繰り表の作成は、いまの家計や会社の財政状況、お金の流れを把握するために、一番適した方法です。家計簿や小さな会社で現金出納帳をつけている場合、お金は入ってきているはずなのに、なぜかどうしてもお金が足らないということが頻繁に起こるときには、この資金繰り表の作成が必要となるはずです。支払日が迫っていてもお金が足らない、家計がつねに火の車で毎月借金が必要な場合、何が問題になっているのか、問題を正しく把握するためにも大事なことです。突然の出費や新規事業計画に備えてのお金はつねに用意しておかなければなりませんので、これからの未来のマネープランを真剣に考える場合には、ぜひ作成を考えてみてください。会社の場合は、売掛金の入金を早くしてもらったり、仕入の買掛金の期限を伸ばしてもらったりすることが一時的に必要かもしれません。その後、財政状況が正常に戻ったら従来通りのシステムに戻せばいいのです。また、取引上、手形などを使っている場合には、銀行等とリスケジュール交渉などをして、決済日に間に合うように資金繰りをしていきます。これは家計でも同じことがいえます。まずは資金繰り表作成によって収入と支出の内訳をはっきりすることができます。

キャッシュフローと資金繰り表の違い

上場企業では、キャッシュフロー計算書の公表が義務付けられています。しかし、資金繰り表は一種、その会社の内部資料にすぎません。そして、作成の義務がありません。また、資金繰り表は将来の財政プランの見通しを立てる目安となりますが、キャッシュフローは過去の状況を示す表となっており、本質的な違いがあります。双方、お金の流れを表すものではありますが、キャッシュフロー計算書は公表の義務があるもの、資金繰り表が内部資料的なものである点、またキャッシュフローが過去の財政状況、資金繰り表が未来の財政状況が予期できるということを考えれば、その違いは歴然としています。また、資金繰り表は家庭のより詳細な家計簿としても利用できる点があります。もし毎月赤字で苦しんでいて、将来の見通しが立てづらい、将来のマイホームや子供の教育費などが用意できるか悩んでいるご家庭では、この資金繰り表を作ってみましょう。決して難しく考える必要はありませんし、最初は家計簿に毛が生えたくらいの感覚で使いこなしてみるといいでしょう。

「勘定あって、銭足らず」の状況を解決する

会社では、売上があって、利益も出ているはずなのに、お金、普段の生活を運用する資金が足らない、そんなことが起こります。「黒字倒産」ということを聞いたことがあると思いますが、まさにそんな状況です。会社の現預金に余裕がなくなってきて、借入金に頼らざるを得なくなっているときは危険信号です。これが連続して起こるようになると、だんだん首が回らなくなって、資金がショートすることになり、損益計算書上は黒字なのに関わらず、倒産ということになってしまいます。売掛金や買掛金、手形などの信用取引があるために、現金自体が「帳簿上のやりとり上は黒字」である場合に起こりがちです。まずは債権を早めに回収、そして債務の支払いを待ってもらうなど資金繰りが正常になるようにしてみます。資金繰り表を作成すれば、来週、再来週、1ヶ月後、6ヶ月後の見通しが立てやすくなってきます。これがあれば、将来の債務の返済計画などを示せますので、銀行からの融資を受けやすくなるでしょう。これはもちろん家庭での資金繰りに応用できますので、お金が回っていなくて困っている人はぜひ活用してみてください。

資金繰り表は簡単につくれる

エクセルシートなどの計算ソフトを使用することで、簡単に資金繰り表はつくれます。外部に公表するものではないので、参考程度、もしくは正確な勘定科目などを使用する必要さえないかもしれません。簿記や経理の知識も必要ありません。前後数週間、将来、長くて1年後くらいまでの現金収入、借入金返済、税金、生活の諸経費などを入力してみてください。それで月末等に赤字になるようなら、やはり全体の支出が収入を上回っています。もう一度お金の流れを考え直し、打開策を早めに発見しましょう。