資金繰り表作成方法

家計のやりくりも資金繰り表で!

へそくりをつくるには資金繰り表が役立つ

会社を運営しているわけではなくても、普通のごく一般の家庭でも資金繰り表は非常に大きな役割を持っています。これからマイホームが欲しい、借金を返済したい、子供の教育費のために備えが欲しい、それぞれの希望に合わせて、財形プランをしていくことはこれからの安定した暮らしに必須の知識となります。会計や経理のことにあまり詳しくはなくても、銀行通帳を眺めながら、だいたい毎月どれくらいのお金のやりとりがあるのかを把握できます。いまはクレジットカードを使用することでポイントが貯まったり、現金に換金できたりします。また先行きに不安感を感じて副業などをしている人も多いでしょう。そんな人も、資金繰り表を活用することによって、貯蓄プランや将来の人生計画に役立つヒントが得られることでしょう。

確定申告にもお役立ち

副業や不動産など一定の収入などがあれば、サラリーマンの人でも個人的に確定申告をしなければなりません。いざ提出のときになって焦って計算している人はいませんか?普段から資金繰り表や収支などを入力した計算表を作成しておけば、確定申告のときにも慌てません。いまは簡単に入力するだけで財務諸表が作成できるソフトがたくさん出回っています。小さい事業をしている人なら、そうした会計ソフトで現在の状況を把握できます。その財務諸表をもとに、確定申告や銀行からの借り入れなども可能になってきます。将来の可能性のため、どれだけ現金があるかを計算、予知するためにも資金繰り表を作成しましょう。

無駄な支払を省き、還付金も!

常にお金の流れを把握していることは、毎日の生活で上手に節約ができること、そして副収入を得ている人にとっては、正確に経費を把握できることは大きなメリットです。資金繰りをきちんとすることで確定申告で還付金が戻る可能性が増えます。そして、これらの生きたお金をどのように運用したり、使ったりするかはあなた次第。元金があれば、それだけ将来へのいろいろなチャンスが生まれるはずです。