資金繰り表作成方法

プロに聞こう!資金繰り作成のコツ

資金繰り表の依頼

どうしてもお金が回らない、そして期限が迫っているのに必要な資金が用意できなさそうだが、融資の当てもない、そんな状況になってからなんとかしようとしても、解決方法は限られてきてしまいます。そうなる前に、資金繰り表を作成して、お金の流れを把握し、管理しておきましょう。ただし、個人でも経営者の方でも、「どうしてもお金の管理は苦手で」という人もいるかもしれません。そんなときは税理士など、専門家に手伝ってもらったり、資金繰り表の作成の仕方を相談することも可能です。

専門家に相談

一般に、税理士は個人事業主や中小企業の相談役として、また公認会計士は大企業などのコンサルタントなどを引き受けていることが多いです。税理士は一般に、財務諸表などを作成しますが、資金繰り表などはその会社の内部資料となります。ただ、税理士は資金繰り表を作成するためのアドバイスなどはしてくれます。難しい専門的なものではなく、自分がわかりやすいような簡単なフォーマットを使うことをすすめられるでしょう。いまはネットなどで無料でダウンロードできるフォーマットなどもあります。探したらすぐに見つかることでしょう。

使いやすい資金繰り表で、いまの現状を知る

会社や家庭の生命線である資金繰りや家計のやりくり。収入と支出の関係は一見単純そうにみえて、実際、表にしてみないとわからないところもあります。いままでの問題点はどこなのか?事業や家計の収入は決してすくなくないはずなのに、お金が足らないのはなぜなのか?それを理解し、問題点が狭まったら、その解決策を税理士などに相談してみましょう。より金利の低い借入金ができたり、融資などの当てがある場合は、そのチャンスを逃さないためにもつねにお金の流れを知っておきましょう。単純な数字の入力だけで、数ヶ月、数年先の計画がなんとなく、から具体的なものへ変わっていきます。これはとても重要なことではないでしょうか。